事例

ナミックス様CUVICmc2導入事例New!
システム更改の効率化とコスト削減、ディザスタリカバリー機能を評価して、SAPのクラウド基盤としてCUVICmc2を採用いただきました。ナミックス様が抱える経営課題を解決するためにCUVICmc2を採用された経緯を紹介します。
安川情報システム様CUVICmc2導入事例
SAP S/4HANAの運用基盤にCUVICmc2を採用し「攻めの事業」に向けて業務プロセスを強化した事例を公開しました。安川情報システム様のERP刷新の狙いとCUVICmc2採用理由を解説します。
千寿製薬様CUVICmc2導入事例
基幹システムに必要な高い可用性とセキュリティを評価して、SAPのクラウド基盤としてCUVICmc2を採用いただきました。千寿製薬様が基盤更改を決断された経緯とCUVICmc2への期待を解説します。

ホワイトペーパー

クラウドだから実現できる基幹システムの災害対策とは?New!
基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」のディザスタリカバリとバックアップ環境についてサービス統括責任者が解説します。
「CUVICmc2」の管理ポータル「xStream」が実現する高いユーザビリティとコスト削減効果
多様なセルフサービス機能で、柔軟な運用管理とコスト削減を両立する管理ポータル「xStream」の主な機能と特徴を解説します。
基幹システムの安定稼働を24時間365日サポートする”コンシェルジュ”「COREO」公開
基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」のサービスデスク CTC Core Office=COREO。統括責任者が進化するCOREOの姿を詳細解説します。
北米で進むミッションクリティカル・システムのクラウド利用
2017年2月7日、米VirtustreamCOOとともに国内外の基幹系システムのクラウド利用動向に関するテクニカル・ブリーフィングを実施しました。説明会の内容を紹介します。
基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」が稼動するデータセンターに迫る
CUVICmc2が稼動する25年間無事故・無停止のCTC横浜コンピューターセンターの深層部を公開します。
基幹システム特化型IaaSの「CUVICmc2」はなぜ完全従量課金を採用しているのか?
完全従量課金の「CUVICmc2」の費用算出の方法とコスト適正化の秘訣について、サービス統括責任者が解説します。
SAPユーザーが選ぶべき本気の基幹システム特化型クラウド<運用サービス編>
基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」のSAP関連サービスの特徴をSAP BASIS運用を統括するエキスパートエンジニアの目線で紐解きます。
サービスメニューから見極める-自社に適正なIaaS
「CUVICmc2」のサービス設計担当者がIaaS利用者を支えるサービスメニューの特徴について詳しく解説します。
ERPパッケージを新規採用した企業によるクラウド基盤(IaaS)比較
CUVICmc2を採用したお客様が導入検討時に実際に使用したサービス比較に関して解説します。
「CUVICmc2」のクラウド管理ポータル「xStream」大解剖!
前回ホワイトペーパー記事「基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」の管理ポータル「xStream」とは?」にて紹介した、クラウド管理ソフトウェア”xStream(エックスストリーム)”をさらに深堀・徹底解説いたします。
基幹システム特化型IaaS「CUVICmc2」の管理ポータル「xStream」とは?
クラウド運用管理の中で、重要となる運用管理ツールに関する考察と、最新のクラウド管理ソフトウェアポータルとして注目される「xStream(エックスストリーム)」の概要について解説いたします。
基幹システム特化型IaaS『CUVICmc2』紹介資料 ~高セキュリティ&コンプライアンス編~
ミッションクリティカルなシステムに最適化した「CUVICmc2」は、高度なセキュリティ環境下にてお客様の業務データを守ります。その特徴の一面をご紹介します。
“本気の基幹用クラウド”がよくわかる資料
「性能保証し高セキュリティ」に加えて「低コスト」である、基幹系特化型クラウド基盤「CUVICmc2」の特徴や提供するメニューの概要を紹介します。
「実使用量ベースの従量課金」の解説資料
CPU、メモリ、IOPS、ネットワーク帯域により構成されるシステムリソース。これらの実使用量を明らかにするのがμVM技術のひとつの特徴です。そしてμVMによる完全従量課金とはシステムリソースの実使用量に基づき課金し、反対に使用していないシステムリソースは請求しない画期的な課金方式です。μVMの謎を分かりやすく解説いたします。
北米の先進的な基幹システム基盤のクラウド移行事例
北米最大の甘味料製品メーカ、Domino Sugar社による基幹システム基盤のIaaS移行事例です。数千ユーザー規模のSAP ERP環境をパブリック型IaaSに全面移行させ、セキュリティ面での強化、パフォーマンスの向上と約40%のコストダウンを実現しています。
海外のクラウド市場動向と基幹システム特化型IaaSの台頭
海外のクラウド市場動向に触れつつ、2013年以降、欧米を中心に急速に台頭しているEnterprise Class Cloud(基幹システム特化型IaaS)について解説いたします。
米大手メディアによるVirtustream社紹介記事
「仮想プライベートクラウド」が実現するSLAとコストの“最適な落としどころ”をテーマに米大手メディアが解説しつつ、この分野のトップベンダーである米Virtustream社による導入事例を紹介しています。 当コンテンツはTechTargetJapanから提供を受けたものです。

ページトップへ戻る